今注目! アウトレット食材の仕入れ方法とは?

飲食店経営では賃料や水道光熱費等、毎月様々な費用がかかりますが、その中でも大きな比重を占めるのが食材費(材料費)です。

利益を出すには、如何に原価を下げられるかが鍵となりますが、あまりにも安い食材は、品質にも影響し料理の味自体が落ちてしまうことも懸念されます。

しかし、顧客満足度を向上させるために質の良い食材を重視して使用すると、かえって利益が出せなくなります。

利益率を向上させるには、一定水準以上の品質がありながらも適切な価格で仕入れ可能な食材を選ぶのが最善の方法ですが、そのような食材を探すのは決して簡単ではなく、ひとつひとつ探していくとかなりの時間を費やしてしまいます。

そこで、食材を仕入れる際に選択肢の一つとして知っておきたいのが「アウトレット食材」です。

アウトレット食材とは様々な理由によって見切り品やB級品などの規格外となった食材(食品)のことで、生産者やメーカーはアウトレット食材を売ることで食品ロスの削減に貢献でき、そして購入者はお値打ち価格で食材を入手できることから、両者にメリットをもたらしてくれます。

アウトレット食材は、飲食店向けにも販売されており、アウトレット食材を取り入れることで、メニューの品質を保ちながらコストダウンを図ることができます。

そこで今回は、アウトレット食材の購入方法や飲食店向けのアウトレット食材の仕入れ方法をご紹介します。

アウトレット食材が今注目されている理由とは?

スーパーや小売店で売られている商品をよく見ると「お値下げ品」と言った文字が記載されていることがあります。

このような商品は正規価格での販売が様々な理由によって不可能になったことから、「アウトレット食材」として売り出されています。

アウトレットと言えば、衣類や雑貨類などをイメージしますが、近頃ではアウトレット食材も数多く出回るようになり、アウトレット食材専門店も高い人気を誇っています。

さらに、一般消費者向け以外にも、スーパーでは販売できない規格外の野菜や一部の賞味期限間近の食材は、飲食店向けの業務用アウトレット食材として売りに出されることもあります。

しかし、アウトレット食材は品質にやや不安を感じるため、使用に消極的な飲食店もあるではないでしょうか。

実は、アウトレット食材は安全性が確認され品質に問題がない物のみを扱っており、中には発注ミスなどで余ってしまった過剰在庫を一掃する為に、正規品をアウトレット食材として扱うケースもあります。

食材の品質には問題がない為、料理の味が落ちる心配もなく、安心してお客さんに提供することが可能です。

食品ロス問題の解決にも!

現在、世界中で深刻な問題となっている食品ロスは、飲食店業界でも大きな問題として扱われており、なるべく食品ロスを出さないように徹底して取り組んでいる方も多いかもしれません。

食品ロス問題は、仕入れ先でも避けて通れない問題であり、買い手がつかずにそのまま破棄される業務用食材も数多くあります。

アウトレット食材を販売するのは、食品ロスを削減させる取り組みの一環でもあり、飲食店側もアウトレット食材を仕入れることで食品ロス削減に貢献することができます。

アウトレット食材の種類

アウトレット食材はいくつかの種類に分類することができ、中には意外な理由によってアウトレット食材として売られる食材もあります。

前述した通り、見た目などが原因によって正規価格で販売不可能になった物がアウトレット食材として販売されることから、どれも味や品質には影響がありません。

では、アウトレット食材には、どのような種類があるのか見ていきましょう。

賞味期限間近の食材

アウトレット食材で特に多いのが賞味期限間近の食品です。

賞味期限が残り少ないにも関わらず在庫が大量に余っている場合、在庫処分品として売り出されます。

主にお菓子や飲料、米類などの生ものではない食品に多く、半額以下で販売されることもあります。

傷、割れ、欠けなどがある

食材に傷がある、割れや欠けなどがある食材は、正規品として販売できないことから、通常では廃棄されてしまうことがほとんどですが、一部の食材はアウトレット食材として販売されます。

特に多いのが、目立つ傷がついている野菜や果物です。

このような食材は見た目だけが問題であり、少しの傷や割れ程度では気にしない人も多いことからアウトレット食材の中でも特に人気があります。

不揃いな形、サイズ

曲がったキュウリ、小さいニンジンなど、不揃いな形やサイズによって出荷できなくなった野菜や果物は規格外とみなされ、通常、このような規格外食材は加工食品にされたものが流通することが多いのですが、一部の野菜や果物はアウトレット食材として安く販売されます。

最近では、規格外の野菜や果物を専門に扱う通販サイトなども登場しており、中には、珍しい高級フルーツもお得な価格で販売されることもあります。

様々な理由により買い手がつかない食材

急遽中止になったイベントで使われるはずだった食材や、本来なら有名レストランで使用される予定だった食材など、様々な理由によって買い手がつかずに行き場を失ってしまった食材は、アウトレット食材として安く販売されることがあります。

訳あり品であっても、見た目は正規品と変わらないことから他のアウトレット食材よりもお得度が高いですが、不定期で販売されるため入手のハードルが高く、さらに本来は業務用食材として扱われていたことから飲食店向けに販売される事が多くなっています。

アウトレット食材の購入方法

アウトレット食材は、主に以下のような場所で販売されています。

販売場所によって扱う食材が異なるため、色々な場所をくまなく探してみるのがおすすめです。

工場直売店

アウトレット食材を入手できる可能性が最も高いのが「工場直売店」です。

工場直売店では、流通させられない規格外の食品や、傷や欠けなどがある訳ありの食品を扱っていることがあり、それ以外にもパンの耳などの製造する際に切り取られてしまう食材を特別に格安で販売することもあります。

また、工場によっては業務用のアウトレット食材を扱っていることもあり、思いがけない掘り出し物に出会えるかもしれません。

小売り店

アウトレット食材はスーパーや専門店などの小売店でも売られています。

幅広いジャンルの食材があり、卸業者から仕入れるよりも格安で購入できる場合もあります。

また最近では、訳ありの食材を集めた専門スーパーも登場しており、確実に入手したい場合は専門スーパーに足を運んでみるのがおすすめです。

インターネット通販

アウトレット食材を扱うのは実店舗だけではありません。

最近では、インターネット通販でアウトレット食材を簡単に購入することができ、大手の有名通販サイトでは、訳ありや在庫処分などのワードで検索すると、割れや欠けのあるチョコレートやクッキー、さらには果物や海産物など様々なアウトレット食材が検索結果に表示され、どれもお値打ち価格で購入することが可能です。

飲食店向けのアウトレット食材を仕入れるには?

アウトレット食材は一般向けの物だけでなく、飲食店向けに展開されている業務用のアウトレット食材も展開されています。

業務用アウトレット食材の中でも特に人気が高いのが「規格外野菜」です。

一部の規格外野菜は、飲食店向けに販売されることがあり、相場よりも3割引程度で仕入れることが可能です。

さらに、賞味期限間近の食材も飲食店向けに売られることが多く、期限が迫っているほど価格も安くなり、半額以下で購入できることもあります。

ほとんどの食材は不定期で販売されるため、安定して仕入れるのは困難なものの、限定メニューに取り入れるなど工夫して使うことで原価を低く抑えることができ、利益率の向上を図ることが可能です。

業務用アウトレット食材を仕入れるにはいくつかの方法がありますが、特に代表的な仕入れ先が「卸業者」です。

卸業者からアウトレット食材を仕入れるには、訳ありや規格外食材を専門的に卸している業者を探してみるのがおすすめで、またピンポイントに欲しいアウトレット食材がある場合、その食材を扱っている業者に直接聞いてみるのもよい方法です。

さらに近年、新たな仕入れ先として注目されているのが「仕入れECサイト」です。

仕入れECサイトとは、飲食店で使用する業務用食材を専門的に取り扱うショッピングサイトで、注文方法が一般的なネットショッピングとほとんど同じなことから、卸業者から食材を仕入れるよりも簡単に発注することができ、仕入れに関する知識が無い方でも手軽に利用することができます。

そして、これから業務用アウトレット食材を仕入れたいと言う方におすすめなのが『BtoB eSmart』です。

多数のメーカーや卸が出店しているこのサイトでは、定番の業務用食材から全国各地のご当地食材まで幅広いジャンルの食材を10万点以上取り揃えています。

欲しい食材を簡単に比較して即注文できるので、急遽食材が必要になった場合でもすぐに仕入れることが可能です。

業務用アウトレット食材も取り扱っており、特集ページから現在発売中の業務用アウトレット食材を簡単に探すこともできます。

『BtoB eSmart』では、通常の商品はどれもお得な会員価格で仕入れることが可能ですが、業務用アウトレット食材はさらにお値打ち価格となっているので、こまめにサイトを覗いて新商品情報をチェックしておきましょう。

また、卸業者から賞味期限間近のアウトレット食材を仕入れる場合、見積もりや交渉に手間取ってしまい、届く頃には賞味期限切れ寸前になってしまう場合もあります。

『BtoB eSmart』では、卸業者のような見積もりや交渉を行う必要が無く、注文後すぐに発送してくれることからスムーズに受け取ることが可能で、期限切れ間近の食材でも短納期で受け取ることができます。

幅広いジャンルの食材を一括で仕入れることができ、さらにコスト削減や業務効率の改善にもつなげることが可能な『BtoB eSmart』を、新たな仕入れ先として是非検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は、アウトレット食材についてご紹介して来ましたがいかがでしたでしょうか?

アウトレット食材は不定期で販売されることが多く、確実に買える保証はないものの、こまめにチェックしておけばお値打ち品に出会えることもあります。

みなさんもこの機会に、お得なアウトレット食材を是非活用してみて下さい。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。

新着商品New Item